お買い物

未分類
06 /30 2007
今日はお買い物に行って来ました!

前から欲しかった白のパンツ!
バーゲンがはじまったので、ゲットしました。
それからTシャツやら~ブラウスやら。。。
はたまたブラとショーツのセットやら。。。
サンダルも。。。♪

買いすぎです!!
欲求不満解消の為などではないはずですが。
あれもこれもとついつい買いすぎてしまいます。
そして極めつけは可愛いお花のブローチまで!

・・・・はぁ。ダメです。
買った物を並べたら大変なことです。

香水も試してみました。
だけど、どうも買い慣れていないせいか、
色々迷って結局買いませんでした!
今度のお楽しみにとっておきます。

こんなに買っても~
デートする人もいないのにねぇ!ぐすん!

だけど、最近はお買い物には行ってなかったし。
たまにはいいですよね。


そんなこんなで~ 一気に貧乏生活になる紗英でした。



スポンサーサイト

B氏からのメール

未分類
06 /28 2007
B氏から届いたパソメール。

時々仕事のこと、日常のこととかのメールのやりとり。
昨日届いたメール。。。
B氏は情が薄いと感じていた紗英はちょっと驚きかな!
少しご紹介しますネ。


こんばんは。
今日も送別会だったよ。マジですごく疲れてます。
紗英と同じ地の空気が吸えるのも後数日です。
そう思うと、逢いたくて逢いたくて仕方がないです。
この前、最後のデートの時、紗英笑ってた。
あの笑顔は正直辛かった。
泣かれても辛いと思っていたけど・・・
それでも笑顔でバイバイ言われると・・・
なんだかもう用済みよ。さようならって言われてるみたいだった。
俺は一人っ子で、両親も早く亡くしてる。
ずいぶんわがままに育てられたと思う。
あまり感情を上手に表現できないことで、ずいぶん紗英にも
悲しい思いをさせたかも知れない。

腕の中の紗英はいつも可愛くて可愛くて仕方がなかった。
紗英からBFの話を聞いても・・・ふ~ん。。と言ってみせた。
いい男がいたら、幸せになってほしいとまで言った。
その気持ちは今でもそうだけど・・・
だけど、どうしてもこのまま逢えなくなるのは嫌だ。
俺の勝手なわがままだということも知ってる。

あーーなんだか支離滅裂だ。
紗英の笑顔は最高だよ。
仕事で疲れて、社飲みが続いた時なんて・・・
紗英と飲みたいな。逢いたいな、っていつも思ってた。
それなのにいつも遅刻するよくない奴だった。

(中略)

とにかく紗英には幸せになってもらいたいのに、
でも、他の男とっていうのは想像しがたい。
必ず逢いに来るから。だから、今のままの紗英でいて欲しい。
タクシーの中で繋いだちっちゃな手。
あのまま離したくなかった。
ずっと一緒にいられたらいいのに。



こんな調子で延々と書かれてありました。
投稿時間は夜中の二時過ぎ!!
疲れているだろうに・・・。
そんなに体が丈夫な人でもないのに、かなりの長文!

どう返事を書いたらいいのだろうか?
こんな熱いメールははじめてで・・・。
もしかしたら、紗英よりもずっと情の厚い人なのかも知れないなと思った。
だって。。。
紗英はもう~前に進もうと思っているのですから!
今でも大好きだし、抱かれたいと思う。
数々の思い出だって忘れたわけではない。

でもね。。。遠くに行っちゃうんだよ。
こんな関係で~遠距離って無理だと思うよ。
ましてや仕事の忙しい人だし!
・・・って紗英の方が薄情なのかな。

もうあなたのスーツに付く移り香心配しなくてもいいのね。
なんて、送ったら・・・凹むかな。

香水

未分類
06 /25 2007
20070625132802.jpg


以前にいただいた ☆グレのカボティーヌ☆ 

仕事の時は香水は付けられないので、PBの時だけ。
デートの時は移り香が気になってつけていなかったし。
そんな恋しかできなかったなんて寂しいね。

どこかに出かける時につければいいけど・・・
つける習慣がないものだから、すぐ忘れる。

海外旅行のお土産などでいただくけど、自分では買ったことがない。
だから、試しにデパートで試してみたこともなかった。

カボティーヌは甘い香りだけど、夏には少し重たい感じがする。
つける時はちょっとだけなので、もう何年もある。
ミニチュアのお土産品もある。

今度は自分で買ってみようかな。
ここに来てくださっている方のブログで紹介されていた
オーデコロン。。。とても清々しい香りがいい。

ランバンのエクラドゥアルベージュ 

フレッシュだけど女らしい香り。

どんなものがいいのかな~♪
あれこれ探すのもまた楽しいのかも知れない。

ほのかに香る香水は魅惑の香りですね。

それにしてもぼけているよね、写真!!
デジカメなのにね。。。ダメだなぁ!

ウォーキング

未分類
06 /23 2007
お天気が良かったので、ウォーキングに出かけました。
日焼け対策バッチリで~日焼け止めをヌリヌリ。
帽子、手袋、長袖で~歩きました!
歩いたのはこの前迷子になりかけた場所!
今度は迷わずに行ける!!絶対行ける!って感じで出発。

テクテクと快調に歩きました。
この前わからなくなった場所に来ましたが、楽勝♪
そこでは少年野球の練習をやっていました!
ちょっと一休み!!って感じでベンチで野球観戦。
かわいい子供達、頑張ってました。
ちょうど、子供達も休憩時間になり、わいわいとお水を飲んだり。
ふざけたりしていました。
そして~ふと見たら。。。どこかで見た顔!
んーーどこでだろ??って感じで見てたら~そうだ!
高校時代の同級生??
○田君だぁぁ。。。少年野球チームのコーチしてるのん?
○田君がこっちを見たので、ニコッとしたら~
覚えていたのか・・・なつかしい~♪と久々の再会。
実はね。。。高一の時、彼から告白されたのですが・・・。
おつきあいする気持ちがなかったので、お断りしたという経緯があります。
あの時見事にふられたよな~!と・・・○田君。
きゃははは~♪と笑ってごまかしました。
その後子供達が寄ってきて、誰?誰?ってことになり。
彼は昔の友達だと紗英のことを言っていました。
今の子供、ませていると言うか・・・。
えーー恋人だったんじゃないのぉ。。。とコーチからかわれていました。

役所にお勤めしているとの事。
その後練習がはじまって、子供達と一緒に手を振ってくれて
バイバイして来ました。

なつかしいです。
こんなところで再会できるなんて思ってもみなかったです!
こんな偶然もあるのですね。
昔の友に再会するのは楽しいですね。
昔話も~今では笑って話せますし!
楽しかったことも、高校時代の同級生の話も。
タイムスリップしたように話せますね。
高校時代に戻った気持ちでした。

汗いっぱいかいて~シャワーしたら寝ちゃいました。

そんな休日もまたいいものです~♪


送別会 part2 

未分類
06 /21 2007
二度目の送別会をしました。

やっぱり色々疲れが出ているのか、お疲れモードです。
あまり愚痴を言う人ではないのに、やっぱり行きたくないな。
・・・ってため息ばかりです。
そんなこと言っても仕方がありません。
日を追うごとに元気がなくなるB氏。
それに反して、寂しいけど仕方がない!と開き直っている紗英。

送別会はいつもの居酒屋です。
マスターといつもおしゃべりしながら待っている紗英。
転勤前だと言うのに、容赦なくいつものように忙しいB氏。
マスターも言葉少なげ。。。
紗英なら大丈夫だよ。元気だよ~♪ 
と甘い物食べながらビール飲んでた!
マスターも甘い物好きで~。一緒にパクついてた。

一時間遅れで到着。やっぱり顔が疲れてる!
ボソッと仕事のことや続く送別会の話。
そんな話をして居酒屋を後にしました。
マスターにお別れして後にしました。

それから~最後になるかも知れないホテルへ。
その時もあまり元気がないB氏だけど・・・
デジカメを持参していて、紗英のこと撮りまくり。
窓の外を眺めている紗英や。。。エッチ写真も~♪
恥ずかしかった~。
でも、写真撮ってるB氏の顔、元気になってるし!
そして~いつもより長めのあんなことも~♪こんなことも!
楽しいこといっぱいしちゃいました。
腕枕でウトウトしちゃいました。ふたりで少しの間爆睡!

紗英はずっとこのままの紗英でいてね。
そして俺のことはぜっったい忘れないで!!
会いに来るからさ。
誰か知らない奴が紗英のこと抱くと思ったら・・・
いたたまれないよ!
そんなの嫌だ!!・・・・って。

普段そんなこと言ったことはありません。
やきもちすら焼いたことありません。
やきもち焼かないよね・・・って以前話になった時。
やきもちなんて子供のすることだよ。。。って!
思い切り子供ですから~B氏。

ここで別れ話と言うのも大人げないかなと思い、
うんうん。。。と聞いていた紗英。

転勤先でも元気で頑張って。
あまり飲み過ぎちゃだめよ。。。と紗英。

紗英は元気だね。俺がいなくても寂しくないの?と。

もちろん、寂しいよ。でも、泣いてても笑ってても行っちゃうでしょ。
だったら~笑ってた方がいいでしょ。

きっともっともっと寂しがるのかなって思っていたのかも!

この前胸の中で泣いちゃった紗英。
もう泣かない!!
いつまでもメソメソはしてない。

毎日ちゃんとメールするし~!とB氏。
メールや電話はまめではないB氏なのに・・・。

B氏は紗英にピアスをプレゼントしてくれました。
紗英はネクタイをプレゼントしました。

これが最後になるのかも知れません。

タクシーの中で繋いだ手の温かみ。
いつもよりぎゅっと繋いだ手。
忘れないからね。

ありがとう。元気でね!と言ってバイバイしました!
とびきりの笑顔で言うことができました。
B氏の目がうるんでいたような気がしました。

おそらく。。。もう会うことはないかも知れません。

T君の夢

未分類
06 /19 2007
久々にT君からメールが来た。

紗英ねぇの夢を見たので・・気になって!
元気にしてた??

へぇ~紗英の夢?どんな夢?

あのね、紗英ねぇと花火見に行った夢。
だけど、紗英ねぇ・・・途中で僕のこと置いてどこかに行っちゃった!
冷たいねぇ~紗英ねぇは・・・!

夢でしょ!紗英はT君置いてなんて行かないジャン。

そうだよね。ずっと前に花火見に行ったよね。
紗英ねぇ~朝顔模様の浴衣着て。。。

よく覚えてるねぇ!

また花火行こうよ。

そうだね、行こう、行こう♪

こんなメールを寝る前に延々とやり取りしてました。
あいかわらず優しいT君です。
どうして彼女できないのかなぁ~?
ルックスだって悪くないし。
性格だって・・・取り立てておかしな所もないし!
変な趣味がありそうでもないし・・・。
ん~~!こればかりは何とも言えないですね。

紗英ねぇ~♪彼女になって~!

だめ~~!T君より紗英ずっと年上だもんね。

いつもこんなバカなやりとりしてる紗英とT君です。
でも、最近ちょっと色々あったので、気分転換になりました。
いつもいいタイミングでメールくれるT君。

いつもありがとう~☆ そう心の中で言っている。

墓前にて

未分類
06 /17 2007
快晴のお天気の中、お墓参りに行きました。
ひと月に二度は彼の墓前に話しかける紗英。
お墓は見晴らしの良い海の見える場所にあります。
お天気の良い日のロケーションは最高です。

彼が亡くなった後、彼の両親から一日も早く忘れて
自分の幸せをつかんで欲しいと懇願されました。
だけど、忘れることなんて無理ですよ。
ご両親はもっともっと辛かっただろうに!
紗英のことをとても気遣ってくれました。

今日は庭で咲かしているききょうの花を持って行きました。
紗英がお墓に向かっていると、墓前に誰かがいるのがわかりました。
紗英よりもずっと年上の女性ですが、お母さんではない。
その女性はじっとお墓を見つめ、手を合わせ、海を眺めて何か話しているように見えました。
紗英はその女性が立ち去るのを待って向かいました。
途中、おじきをしてすれ違う時にチラッと見ましたが、
やっぱり誰かはわかりませんでした。
墓前には百合の花がありました。

紗英はいつものように墓前で、最近の事。
どうしようもなく寂しかった気持ちの事。
ひとり旅の報告。これからどうやって生きていこう。。。。
そんな話をして、百合の花と一緒にききょうを供えました。
彼は草葉の陰で~紗英のことどう思ってるのかなぁ。
なんて思いながら、やっぱり海を眺めていました。
きっとどうしようもない奴だなぁ~。。。と思っているに違いない。
ここはやっぱり落ち着くナ。
何も答えてはくれないけど・・・それでも来てしまう。

それから墓前を離れ、とぼとぼと歩いていたら・・・
あの墓前の前にいた女性がいました。
失礼ですが。。。と○○さん(紗英の名字)でしょうか。
はい、そうですが・・・と紗英。
やっぱりそうでしたか。。私は○○と言いまして。教師をしております。
あ・・・・もしかして彼の学校の先生??
そんな話を聞いたことがあったような気がした。
卒業してからも先生とは色々やり取りしてると!
それから歩きながら、彼の昔話をした。
やんちゃだった彼は幾度となく、先生を困らせていたみたい。
あなたのことは、聞いていましたよ。とても楽しみにしていたのに。
あんなに早く天国にいってしまうなんて・・・・と。
あなたは今幸せにしてるの?と聞かれた。
ハイ。。。元気にしております。としか言えなかった。
色々話すと涙が出てきそうで、はじめて会った人の前で泣くなんて!
そんな思いで、ぐっと堪えていた。

しばらく話した後、良かったら遊びにいらして下さいね。
そう言ってメモを渡してくれた。
とても穏やかな感じの優しい女性だった。
彼のやんちゃ時代を知る先生はどんな思いで墓前に話しかけていたのだろう。
もしかして~紗英の姿も見られていたのかも知れない。
墓前では泣いてはいない。
笑顔が大好きだった彼だったから。。。
紗英にはいつも笑っていて欲しいな・・・が口癖だったよね。
だから、泣かない。

それからいつもの喫茶店でコーヒー。
日曜日だからカップルが多い。
どうか、紗英のような思いをするカップルがいませんように!
いつまでも幸せな笑顔でいて欲しい。

そんな昼下がりでした。

水族館

未分類
06 /16 2007
20070616195020.jpg

ひとり旅の中で、ふと水族館に行きたくなって行って来ました。
ゆうゆうと泳ぐ魚達。
一体何を考えているのかな。
気持ち良さそうに~のんびりゆっくり。
餌付けの時間で、お姉さんから餌をもらっていました。
どこか遠い海からやって来た魚達。

このガラスの中にいて幸せなのかな。。。
いっぱい仲間がいるから幸せなのだろうか。
でも、連れて来られる時に仲間達と離れ離れになったかも知れない。

そんなことを考えながら、たくさんの魚達を見ていた。
写真を撮るのはなかなか難しい。
ゆらゆらと泳ぐ姿。
紗英の背丈以上もある魚もいた。
かと思えば、ちっちゃなちっちゃな魚もいる。
クリオネもいた。
クリオネは水温が冷たくなくては生きていけない。
だから、水槽にいっぱい水滴がついて、見えにくかった。

子供の頃はもっとドキドキわくわくしながら見ていたのに。
紗英の中の何かが変わったと言うのだろうか。

様々な環境の中の魚たち。

なんだか人間と大差ないや。。。と思った!

B氏の送別会

未分類
06 /14 2007
転勤が決まったB氏と送別会をしました。
仕事の引き継ぎや引っ越しの準備で忙しい今日この頃。
送別会も何度もあって、疲れたぁ・・・!とB氏。
そんな時、メールが来ました。
デートしよう。。。って!
今月も半ばになり、後二週間といったところでしょか。
旅のお土産もあったし、いつもの居酒屋さんで待ち合わせしました。
マスターに言いづらいって言ってたので、先に話しておきました。
びっくり!!寂しくなるな~って悲しい顔をしていました。
紗英ちゃん、大丈夫?と私のことを気遣ってくれていました。
いつもサービスしてくれるマスター♪
そんなに流行っている風でもないのに、大丈夫かな~っていつも思っています。

30分ほど遅れて到着。
転勤の話でまたまたしんみりモードになっちゃいましたけど。
また現れますから~忘れないでくださいね!とB氏。
あまり来ないと忘れちゃいますよ。アルツ入ってきてますから!とマスター。
紗英はニコニコとそんな会話を聞いていました。
いつもより多く飲んだかな。。。ビールと日本酒♪
今までのことをずいぶんマスターをまじえて話しました。

そこを出てからいつものホテルへ。
B氏はいつもより飲んでいないかも知れません。
住む所のこととか、勤務地の話とかたわいもない話をしてました。
情が薄い人で、感情が表に現れない人で、一体何を考えているのかなって思うことがとても多かった。
喧嘩になることも・・・って言うか紗英だけ怒っている感じ。
そんな彼が「紗英をここに残していくのは心配だ」と言いました。
そ・そんなこと・・・今まで一度だって言ったことはありません。
「必ず会いに来るから・・・」と。

紗英はそういうシチュエーションは想像していませんでした。
BFの話をしたってやきもちをやくわけでもなく、
ふ~ん。。。と聞いていることが多かったB氏。

ずるい!!こんな土壇場にそんなこと言うなんて!
じゃね、元気でね。。。って言おうと思ってたのに、言えない。

いつものように、彼に身をゆだね・・・落ちていく。
もうこんなことないかも知れないと思ったら、涙が溢れてきた。
泣かない。。B氏の前では絶対泣かないって決めてたのに!

彼の勤務地はずいぶんたくさんあって、ここに戻って来られる
なんてことは考えられない。
B氏は紗英の頭をなでたまま、何も言わなかった。
ぼそっと「やっぱり行きたくないな」そう言った。
紗英は何も言えなかった。
ずっと抱きしめられたまま、時間だけが過ぎていった。

ホテルを出て、喉の渇きを癒すために静かなバーへ。
ここはずいぶん久し振りのところ。
冷たいビールが喉を潤し、ここでもたくさん話すこともなかった。

後一回か二回は送別会してあげられるかな。
最後には紗英におごらせてね。。。!と言ってみた。

やっぱり紗英の転機なのかも知れない。
遠く離れたら、忙しいし、出不精なB氏のこと。
会いに来られるはずはない。。と紗英は思っている。

最後の日は笑顔で、見送ろう。

バイバイ♪元気でね。。。笑顔でそう言ってみせます!!

ひとり旅

未分類
06 /12 2007
ひとり旅に出ることになるなんて・・・思ってもいませんでした。
たったひとりで旅に出る。。。何の意味があるの?
なんて以前は思っていましたから~!

それが自分を見つめ、様々なことを考えるには一番いい方法
なのではないかと思い、思い切って出かけました。
だけど、あいにくのお天気で、沈みがちの気持ちのまま。
雷が鳴ったりして~涙雨じゃん。。。等とひとり納得していたのでした。
スタバでコーヒーを飲んだ後、ポツポツと降り出した雨!!
たたみ傘はバックに入れて行ったのですが、微妙な降り具合に
どうしよう・・・面倒だなと思いながら、横断歩道に立って信号待ち!

そしたら、傘をさしかけてくれた人がいました。
優しい人がいるものなのね。。。と振り返ると男性の姿。
ありがとうございます・・・と言うと。
その人は「雨に濡れると風邪引きますよ」と言って自分の肩が
濡れるのもかまわずに紗英に差し掛けてくれました。
自分も傘があると言うのに・・・言い出せずそのまま横断歩道を
渡って行きました。
渡りきった所でその男性は、この傘持って行って下さい!と。
自分はここにいるので、時間があるときにでも持ってきてくれれば!
と言って目の前の会社を指さしました。
○林と言いますので・・・。
と言ってニコッとして男性は会社の中に入って行った。
紗英はありがとうございます。としか言えませんでした。

明日にはこの地から立ち去る人間なのに。。。
ま、いいか。そんな思いで傘をさしたまま駅に向かった。
その傘は使い捨て傘のような物ではなくて、しっかりした傘だった。
優しさに触れた気がして、心が少し暖かくなった。

旅館では読みたかった本を読んだり、温泉に入ったりして・・・
いつもなら誰かがいる空間に、紗英はひとりで時を過ごした。
あんなことやこんなこと。。。今までのこと。
そしてこれからのこと。とにかく前に進むしかないのだから!
そう思ったら、凹みがちの気持ちもなんだか明るく思えた。
お酒も飲んで、美味しい物も食べて。。。
ひとりの時間も悪くないな。そう思えた。
おひとりですか。。。と仲居さんは心配そうに聞いた。
もしやよからぬことを考えてる女性と間違えられたかな。
まだまだ天国の彼の所には行きません!

次の日は傘を返しに行かなくてはならない。
そう思い、日曜だからダメかな。と思いながらその会社に向かった。
心ばかりの小さな包みのクッキーを持って!○林さんを訪ねて。
そしたら会社はやっていて、○林さんが出て来ました!
こんなに早く返しに来てくれたのですか~!と。
紗英は実はここの人間ではないので、今日しか返しにくることはできない旨を伝えた。
そしたら○林さんは名刺を差し出した。
な・な・なんと・・・代表取締役って!!こんなに若いのにぃ。
おそらく紗英より若い!!
こちらには旅行で来たことを話した。
またこちらに来た時は連絡して欲しいと○林さんは言った。
ありがとうございます。と言って傘とクッキーを差し出して
紗英はその会社を後にしました。

世の中捨てたものでもないな。と思いました。
差し掛けてくれた傘、とても嬉しかったです。
人には親切にしなくてはいけないな。。。とつくづく思いました。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎてしまいました。
人の温かさに触れたそんな旅になりました。

また新たな気持ちで頑張ります!

心配してくれた皆さん、ありがとうございました!

未分類
06 /08 2007
ひとり旅に出ます。
傷心旅行というわけではありません。
色々とじっくり考えるのに・・・・
と言いたい所ですが、何も考えたくないので、ふらり旅です。

思えば、ひとり旅なんて何年ぶりだろう。
いつも側に誰かがいて、笑ったり、話したり、居眠りしたり。
そんな旅ばかりだった。

ひとり静かに旅に出たいな。。。って思ってたこの頃。
明日の朝、早く出かけます。
旅と言っても一泊二日です。さみしっ!!
今月は忙しくてお休みが取れません。
少し場所を変えて、気分も変わるといいな~♪
どこかで美味しい物を食べたり・・・素敵な物を見つけたり。
そんな普通の。。。穏やかな旅。

ひとり旅に出ると言ったら友人は。。。
何かあったのかと言いましたが、何もないよ~!と。
幸いと言っていいのか、友人は仕事です!!
最近、元気がないから・・と心配はしてくれてますが。
事情は知りません。

皆さん、顔も知らない紗英のことを心配して
励ましてくれて、ありがとうございます。
とても嬉しかったです!!

きっと元気になって戻ってきます。

B氏の転勤

未分類
06 /05 2007
B氏が7月1日付けで転勤になることになりました。
急なことです。
B氏の会社はいつもいつも急な辞令なのです。
昨日、転勤になるかも知れないという話を聞きました。
でも、転勤地は聞いてなかったのですが・・・。
本日聞きました!予想していた場所よりも遠い!
転勤族なのですが、後二年くらいはいられるようなことを
言っていたのですが、急にこのような辞令です。

もう一ヶ月ありません。
これからバタバタと引っ越しの準備もしなくてはならないでしょう。
寂しいけど・・・・。
それでも、ずっと一緒にいられる人ではないので・・・。
仕方がありません。
遊びに来るよ。。。とは言っていますが、仕事も忙しくなるでしょう。
B氏のことは、いつまでたってもよくわからない人。
そんな思いのまま、今回の転勤です。
彼とも楽しい思い出があります。
たくさんお酒を飲みに出かけたのはB氏です。
紗英の仕事の愚痴を聞いてくれたのもB氏です。
一番側にいたので、色々な話題も共通するものがありました。
この二年間で何回旅行に行ったかな。
温泉が苦手で、行ってもカラスの行水だったり・・・。
運転はどちらかと言うと苦手で、紗英ばっかり運転してたり。
走馬燈のように色々なことが思い出されます。

その思い出も封印されます。
一気に紗英の周りからみんないなくなります。
きっとそういう転機なのではないかと考えています。

寂しいです。
紗英は強い人だから。。。って言うけどそんなことはありません。

自分で決めたことです。
誰かにすがって泣きたいって思うこともあります。

とりとめのないことを書いてしまいました。

頑張ります!

頬杖

未分類
06 /03 2007
フッと考え事をしたり、話し相手もなく、一人で物思いにふけったり
しているとき、気が付くと頬杖をついていたりする。

紗英は最近頬杖をついていることが多い。

同じ考え事をするときでも「すぐ行動に移そう!」と気分が前向きの時
になってるいる時は、頬杖なんかついたりしないもの。

頬杖って自分の頬を手のひらでささえるしぐさ。

子供の頃は、困った時や泣きたくなった時は、いつでも母親がそばにいて、抱きしめてくれたり、なだめてくれたりしたのに・・・。

大人になるとそうはいかない。

泣きたくなっても、寂しくなっても、自分で何とかしなくてはならない。

人間の手のひらはあたたかい。

人は母親の手のかわりに、自分の手で自分を元気づけようとしている。

それが、頬杖らしい。

人の手ってあたたかいですよね。
子供の頃、寝るときにずっと母親と手をつないで眠りについた記憶。

人の手のぬくもりは、安心感、やすらぎ、そんなものを与えてくれる。

あたたかなぬくもりはいくつになっても欲しいもののひとつですよね。

痛い所もあたたかな手でさすってもらうと楽になったり。

そんなささやかなこと。。。それが幸せってものなのかも。


C氏のこと

未分類
06 /01 2007
C氏とはある企業のイベントで知り合い、
そしてその後のパーティーで、はじめて話をしました。
実は出席するべき人が出られなくなり、紗英はピンチヒッターだったのです。

パーティがあると聞いていたので、高いヒールを履いたのですが。
慣れないため、足が痛くなってしまいました。
立食だった為に足の痛さはピークに達し、隅の方のいすで足をさすっていた紗英。
たくさん人がいるのだから。。。わかんないよね、きっと。
そんな感じで、早く帰りたいな~と思っていた所に話しかけてきたのが
C氏でした。
「足、痛そうだね、大丈夫?なんならおぶってあげようか?」
C氏はさりげなく、くすっと笑いながら紗英に言いました。
イベント会場で二、三話しただけの人でしたが、人当たりも良く
ソフトな感じのロマンスグレーの紳士。。。
なんだか映画に出てくるシーンみたい。
そうこうしているうちに、パーティも終わり二次会へと!
帰りたいのは山々でしたが、強制参加的に連れていかれました。

そこで、C氏と色々な話をしたのがはじまりでした。
それから一ヶ月後、今度はプライベートで逢うことになるなんて。
想像もしていませんでした。

C氏も優しく、そして紳士的で。。。
だけど、セックスは野性的。紗英にとってはとても魅力的な人でした。
やはりどこかA氏と似ているところが・・・・。
違うのは、女性としての喜びを満悦させてくれるところ。
飢えていたわけではないのに、重ねる度に良くなるセックス。
紗英は小悪魔だな~!
と言ってセックスの後もずっと抱きしめ続けるC氏。
離したくないよ、ずっと。。。それが口癖だった。
彼もまた仕事が忙しい人だった。
何百人もの部下さんを抱え、悩みの尽きない日々。
そんなC氏をちゃんと癒してあげられていたのかな。

C氏もまた納得はできないと言う。
ちゃんと説明したのに・・・どうしてわかってくれないのかな。

彼にも何の不満もない。
逢える時間が少ないなんてことで、すねる紗英ではない。
温泉旅行にもゴルフ旅行にも連れて行ってもらった。
楽しい思い出はいっぱいある。
酔っぱらって、ケラケラ笑いながらラーメン屋さんに
行くと言ってきかなかったC氏。
ゴルフの講師として、紗英にはずいぶん手を焼いただろうに。
一度も怒ったこともない。いつも優しく教えてくれた。
ふたりで、一日中セックスにおぼれたこともあった。
いつだって、どこでだって楽しい思いしかない。
今だって大好きな人。

だけど。。。だけどね。
時々奥様からくるメールを隠れて見ているC氏。
きっと心が痛んでいるのだろうと思うと・・・。
やっぱり紗英は、いけないことをしているのだと苛まされる。
家族に嘘をつかせているのは紗英なんだ。

そんな思いがずっとあって。。。出した結論。

私の愛した人。戻るべき所に戻って欲しい。

寂しくてどうしようもないけど・・・。

だけど、もう逢うことはしない。


saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!