バースデー

未分類
10 /31 2007
20071031211044.jpg


先日、誕生日を迎えました。
またひとつ年をとってしまいました。

写真のお花は年下君から送られてきたものです。
とても可愛らしいアレンジ花です。
うれしいです♪

誕生日のことは話したことあったかどうか・・・。
記憶にはなかったのですが。
何かの折りに話したのかな。
気の利いた年下君です!
カードも添えられてありました。
正直、驚きました!
すぐ電話したのですが、つながらず!
メールしようかどうか迷っていたところ。。。
電話が来ました。
遅い時間なのに、仕事中とのこと。

おめでとうございます。いくつになったのかな~♪
・・・とおどける年下君!

女性に年は聞かないのっ♪ ・・・と紗英。

今度お祝いに出向きますから・・・と年下君。

しばらく雑談して、笑いのツボにはまった紗英と年下君は、
延々と話し続けていました。

気が付けば1時間くらいは!!

仕事中だということも忘れていました。

いつ来るのかな?
な~んて期待してるわけではないですよ~☆

とても可愛い年下君です♪

お花ってうれしいですね。



スポンサーサイト

充実感

未分類
10 /25 2007
知り合いの知り合いに、ある会社の社長さんがいて。
ひょんなことから、仕事のアシストを頼まれてしまい・・・。
断り切れずに引き受けました。
それが結構難儀で・・・詳しく中身は語れないのですが。

社長のO氏は40代後半のワンマン社長で、何度か面識もあり、食事も行ったことがある人でしたけどね。
本職の他にする仕事なので、夜の打ち合わせが多く、ヘロヘロになる日も!
そんな中、社長といえども一員となって働いているので、
ワンマンだけど、パワフルで元気の源は何?と聞きたくなるほどです。

先日この仕事が無事にすみました。
打ち上げと称して、飲みに行きました。
みんなとワイワイ楽しく食べて飲んでとても楽しかったです。
超若手から中堅どころまで、年令は様々だけど・・・。
一緒にした仕事の仲間として迎えてくれて、とても感じが良かったです。

一次会も済み、お疲れさまでした。と解散!
紗英も少々ヨッパで~疲れのせいもあり。
たいして飲んでないのに、酔っぱらっていました。
超若手は次の所に繰り出したようで。。。みんなてんでバラバラに。
紗英もタクシーをひろおうとしていたら。。。

社長がスタスタと来て、タクシーに押し込められて~
一緒に乗ってしまいました。
そこから15分ほどの繁華街に止めました。
よく場所はわからなかったけど、重圧なドアと雰囲気がいい店構え。
そこのドアを引いて、社長は紗英をエスコートしてくれました。
間接照明が素敵な場所で。
ママはとても美しい人で、静かな空間でした。

お疲れさまでした。助かりました。
とO氏は紗英に深々と頭を下げたのでした。
そ・そんな・・・ことされても。って感じで!!
O氏も疲れているだろうに・・・・。
気を使ってくれているのでしょう。
紗英は同じブランデーをいただいて、静かに飲みました。
時々触れる肩先。横顔はどこか寂しげな感じを受けたけど。
ポツポツと語る話し方は仕事の時とは別人で!
今回の仕事のことや、過去の仕事の話。
これからの展望とか。。。ゆっくり言葉を選んで話しているようでした。

紗英も何だかとても達成感のある仕事をしたせいで、
気持ちがとても元気になれたような気がしました。

また明日から元気に仕事しましょう!
いつかまた一緒に仕事するようなことがあったら頼むね。

O氏はいつもよりずっと穏やかに紗英に笑いかけてこう言いました。

はい!またよろしくお願いします。

そう言って、バーを後にしました。

手を振ってバイバイした時のO氏はホント、かわいい男の人みたいでした。

かわいいなんて言ったら失礼ですけど~☆

あ~ん。。。そこそこ

未分類
10 /18 2007
ん~~そこそこ。。。

もっと・・・もっと。。。う~ん。。もっと強くぅ♪

気持ちいい・・・。


なんてこと書いたら想像しちゃいますよね。

実は紗英の友達に肩もみがとても上手な人がいて。

先日、肩こりがひどい紗英の為に、モミモミしてくれました。

とても気持ちが良くて~♪ うっとりしてしまいました。

首のあたりもコリコリで。。。それがまた上手いのです。

痛くはないし・・・ツボをちゃんと押してくれます。

実は彼はそういう専門学校に行ったのですが、仕事はまったく畑違いのお仕事です。

手も大きいですし、疲れ知らずでモミモミしてくれます。

こういうお友達はとてもいいですね。

かなり凝ってるね。。。と言って黙々とやってくれます。

頭もマッサージしてくれて~~!気持ちよさ満点。

お礼に何かゴチするね。と言いながら。。。。

紗英に出させる訳にはいかないと言い、いつも払ってしまう優しい人です。

足に障害があるのですが。。。そんなことは感じさせない行動力もあります。

無条件に優しい人。。。とても心が温まります。



病気にならない生き方

未分類
10 /14 2007
古本屋さんで見つけて、読もうと思って積んであった本の一冊!
一気に読みました。
著者は今から三十五年前、世界で初めて大腸内視鏡を使ってポリープを切除することに成功した医師です。

かいつまんで話ますが。
人相になぞらえて「胃相」「腸相」があるという。
その胃相、腸相に最も影響を与えるのが食歴と生活習慣。

動物食と植物食の割合が「八十五対十五」になるように。
動物食は人間より体温の低い魚で摂るようにする。
お酒、たばこは止めて、牛乳、乳製品は摂らないようにする。
精白米は食せず、雑穀米にする。
良く噛んで、小食を心がける。
マーガリンや揚げ物は避ける。

等々、食について書かれていました。
健康で天寿を全うしようという話でした。

はい!わかります。言ってることはすべて理にかなっています。
だけどね~なかなかね。難しいよね。

最後に書かれていたのは。。。

人は、本当に幸せを感じていると、免疫機能が活性化することが血液検査でわかっているらしいです。

つまり。。。
幸福の実感→副交感神経優位→ストレスの軽減→腸内バランスがよくなる→副交感神経優位→視床下部伝達→幸福の実感

こういう幸せのサイクルが、回り始めるようです。

やはり人を愛する気持ちは、人間として生命の維持には欠かせないのでしょうね。

健康で長生き、これが一番ですね。

皆さんも健康に留意して元気に過ごしましょうね!



夫婦箸

未分類
10 /11 2007
時間は確実に進んでいく。
1秒前は過去になり、どんどん未来へと向かっていく。
決して過去にもどる事はできないし、未来を見ることもできない。
せつないけど、亡くなってしまった人は美しい思い出だけ残り、
歴史はそこで止まり、新しく築いていくものはない。
当たり前のことだけど・・・。
そう思えるまで何年かかったのだろうか?


物入れの後かたづけをしていたら、見つけたものがありました。
津軽塗りの夫婦箸です。
全部処分したと思っていたのに。こんな所から出てくるなんて。
亡くなった彼と旅行したときに、塗り物が好きな彼が欲しいと言って
買った箸。
お箸にしては高価なお値段で・・・。
当時の紗英はたいして興味もなかったけれど。
この箸でずっとずっと一緒にご飯食べていこうな。
そう言って、自分の好きなお箸をセレクトしていた彼。
今眺めるとそれは、とても落ち着いた色合いと柄のお箸。
長め箸と短めの箸。
ちゃんと箱の中でおさまって、美しい芸術品みたいだ。
しかし、使うことはなかった。
夫婦として同じお箸でご飯を食べることはなかった。
使うことで、味が出てくるというのに、このお箸は彼と紗英に使われることはなかった。
そして物入れにずっと封印されたままだった。
当時のことを思い出した。
お店を見てる内に迷子になってしまい・・・^^:
べそをかいている紗英を焦って探していた彼。
だから~離れるなって言ったじゃん。
そう言って握られた大きくて温かな手。
ずっとずっとおじいちゃんとおばあちゃんになっても離しちゃダメだぞ。
そんなこともあったな。
うん!ずっと離れないから~♪
と言って、お布団の中で戯れていた時間。
若かった紗英はそんな日がずっと続くと思っていた。
そして歴史が作られていくって!

今月、紗英はまたひとつ年を取ります。
誕生日を前にどうしてこのお箸が出てきたのか、ちょっと不思議です。

使われないお箸は今度は場所を変えてしまっておきます。




突然の来訪

未分類
10 /05 2007
年下君とはその後もメールや電話での日々が続いた。

ところが昨日、年下君ひっこり現れたのです。
びっくりしましたが、同僚が紗英と同じ会社にいるのですが、
それで用事があって来たようです。
ちらっと姿は見たのですが、まさかいるとは思わないので、
かまわず仕事をしていたら・・・・。
数メートル前に現れて、あいかわらず一生懸命ですね。
と声をかけたのが年下君でした。びっくりしたぁ!!
あいかわらずにこやかであどけない顔。
来るなんて言ってなかったじゃん・・・と紗英。
驚かそうと思って。。。と年下君。
帰り、ご飯食べませんか。と誘ってくれたので行くことにしました。

ところが、その様子を見ている人がちゃんといるもので。
年下君が去った後に、噂好きの女性!!
今の人誰?ねーー誰なの。。。と明らかに好奇の目。
あーー弟なの。。。と言い切った紗英でした。
そういえば年の離れた弟さんいるって言ってたよね。
ずいぶん仲が良い姉弟なのね。。。と食い下がった。
七歳離れてるからね、かわいいのよ。
へぇ~そうなんだ! と納得したようです。

年下君とは五歳ですが、まー七歳でもオッケーでしょう。
それで難なく逃れました。

帰りにその話を年下君に話しました。
やっぱ弟の存在かぁぁ!!と苦笑いしていました。
今回は年下君のゴチで、居酒屋さんで楽しみました。
年下君はほとんど飲めないのですけどね。
ほんのちょっとで酔うし、甘えた口調になるんです。
温泉での話やら色々盛り上がりました。

またどこかに行きましょうね。とヨッパの年下君。

とても可愛い奴なんです~♪


saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!