2007年12月31日

未分類
12 /31 2007

今年も色々あった年です。
これでいいわけがないと思い続けていた人達に別れを告げました。
みんな素敵で、楽しい人達でした。
付き合ったこと、そして別れたことに後悔はありません。
たくさんの思い出をいただきました。
とても良くしてくれました。
今でも、メールは来るし、電話で話すこともあります。
とても心配してくれています。
でも、それはご家族を守る・・・その後の紗英の心配です。
当然のことですけどね。
そんな恋をしてしまった自分に後悔もありませんし・・・。
ばかなことをしてしまった。。。というような思いもありません。

だけど。。。どんなに心配してくれたところで・・・・
どんなに愛しているとささやいてくれたところで・・・・
それはやっぱり二番目!そんな思いがどこかにずっとあったのだと思います。
彼を失い、いつの間にか心に予防線を張り、失っても傷つかない人がいい。
そんな思いが心のどこかに住み着いていたのだと思います。
そんな恋達にピリオドを打ってからは、どこかスッキリし、痛む心もいつの間にか
消えていってしまいました。

しばらく自分磨きに精を出していた日々。
それはそれでとても充実した日々でした。

それから登場した年下君!!
五歳も年下と・・・・侮っていた紗英でしたが・・・・。
素直で可愛い人です。
以外と頼もしい所があったりして!!
今日も朝からメール来ていました。
マメな年下君です。

そんな一年でしたが、ここに来て読んでくれたみんな。
ありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願いいたします。


2008年、皆様に更なる幸せが訪れる事を願っております。


スポンサーサイト

そして・・・

未分類
12 /27 2007
年下君と紗英はお鍋とケーキでお腹一杯になりました。
年下君は仕事だった為に、スタートが遅かったのでもういい時間です。
紗英は後かたづけをすませて、帰り支度をしていました。

年下君は・・・こう言いました。
「少し話があります。少しの時間いいですか」
「いいよ~どうしたの?」
「あれから考えました。ものすごく考えました」
「それで・・・どう結論が出たの?」
「僕はやっぱり紗英さんが好きです。これはどうしても変えられない。
だけど・・・紗英さんの心の中には亡くなった彼がいる。これも変えられない事実。
だから・・・僕は亡くなった彼さんの代わりでもいいです。なることはできないでしょうか」

そこまで年下君は一気に話し、紗英がどう答えるのか。。。ドキドキしながら待っている。
不安げな顔が年下君らしくないと思った。

「紗英の話、聞いてくれる?」

「はい、何でも話して下さい」

「結婚するちょうど四ヶ月前、彼はいきなり亡くなったの。
その日は、ささいなことでけんかしてしまい、二、三日連絡もとらないままだった。
その日、けたたなしくなった電話。それが彼の事故の電話だった。彼は飛び出してきた
自転車をよけて、事故になり、即死状態で亡くなったの。紗英はけんかしたことを謝る
ことすらできなかった。それから紗英はね。眠ることも食べることもできなくなって。
そんな日々を過ごしていたんだ」

もうこんな話をしても涙は出なくなった。
以前は思い出しただけで、涙が止まらなかった。
どんな慰めの言葉も・・・紗英の耳には届かなかった。
だけど今は違う。
そう・・・月日が、時間が、紗英を大人にし、そして現実を把握できるようになった。
どんなことをしても戻ってはこない人。
そう・・・話すことも、触れることも、キスすることも抱かれることもない。

紗英は淡々と話した。

年下君の目に涙が浮かんでいた。

愛しいと思った。

泣いてくれる人がいるんだ。

それからまた続けを話した。

「それからね。決して人には褒められることのない恋をしてきたの。きっと軽蔑するかも
知れない。。。そんな恋ばかり。でも、それではいけないと思ってね。終わりにしたのよ。
それが今の紗英なの。どう?びっくりしたでしょう。」

年下君の目は真っ赤になって、どんな言葉を選んだらいいのか探しているようだった。

そしてこう言った。

「僕はそれでも紗英さんのこと好きです。大好きなんです。
過去の恋のことなんて、驚くことはないです。僕だって色々ありましたから。
それでも・・・それでもやっぱり好きです。紗英さんが僕のことを弟のように思ってる
こともわかっています」

「ごめんね。失礼だよね。列記とした男性なのにね。年下君のファンだっていう女の子も
いること知ってるし・・・」

「僕は紗英さんが彼さんを少しでも忘れられる時間を作りたいと思います。
どうか、僕にチャンスを下さい」

そう言った。

うれしいと思った。素直に嬉しくて、抱きしめたいと思った。

「ありがとう。こんなに思ってくれるなんて・・・。うれしい」

「僕もうれしいです。話してくれて・・・今日は実りのある一日でした」

年下君、マフラーずっとしてて・・・。

もう涙目ではなくなってました。

それから紗英は車に乗り込み、年下君の家を後にしました。

かなり遅くなってしまいました。

ずっと手を振って見送ってくれました。

心は暖かくなり、年下君の想いをうれしく思いました。

帰ってからもしばらく寝付くことができませんでした。

着いた頃にメールがきていました。

「僕はやっぱり紗英さんが好きです」

らしいね。。。年下君!

プレゼント

未分類
12 /24 2007
今日はクリスマスイヴですね。
皆さんはどんな日を過ごしていらっしゃるのかしら?

昨日年下君にプレゼントを渡してきました♪
何だと思いますか~?
先日、何か欲しいものはないのかと尋ねても・・・。
遠慮してるのか、欲しい物はないと言い張る年下君!!

そこで以前に、年下君から時々ほのかに薫る香り。
これは何を使ってるいるのかと聞いたことがありました。
爽やかで、嫌味がない香りだったので、何かな。。。と思い。
そしたら、資生堂のコロンでした。
それは奇遇ですが、亡くなった彼も愛用していたコロンでした。
そこで、そのコロンをプレゼントすることに!!
それからデパートをぐるぐる周り、マフラーをゲットしました。

そして、寄せ鍋をやろうと・・・材料と土鍋を持参しました。
おそらく、年下君の所にはないと思ったので・・・。
待ち合わせて、年下君の部屋に行きました。
帰り道、年下君ケーキをゲットしていました。
まるで子供のようにニコニコしていました。

寄せ鍋はサクサクと材料を切るだけなので簡単です。
土鍋まで持参した紗英を見て、驚いていましたが、
やはり年下君の家には土鍋はありませんでした。

メリークリスマス♪
年下君にプレゼントを渡しました。
「え~~いらないって言ったのに・・・」
と言いながらも、目がキラキラしていました。
「そんなこと言わないで~素直に受け取りなさい」
包みを開けた、年下君。
驚いた様子でした。
コロンだとは想像はしてなかったのかな。
そしてマフラーは茶系の薄いチェック柄のです。
ヤッター♪さっそく首に巻いてニコニコしていました。
「コロン、どうしてわかったのですか?」
「だいぶ前に聞いていたでしょ。何もいらないって言うから使う物がいいかなと思ってね」
「そうでしたか、ありがとうございます。マフラーあったかいですね」
亡くなった彼も同じ物を使っていたのよ。。。とは言えませんでした。
部屋の中でも巻いている年下君!
かわいい人です。

鍋をペロリとたいらげ、そしてケーキも食べました♪

満足げな顔の年下君。紗英もたくさん食べました。

さてこれから年下君と紗英はどんなことに?

時間がなくなったので、次回に書きますね。

メリークリスマス~♪皆さん、素敵なクリスマスをね。

千の風になって

未分類
12 /21 2007

♪ 私のお墓の前で 泣かないでください. ♪


もう泣くこともなくなりました。
風になって、いつも紗英の周りにいると思ってるからです。


年下君とクリスマスプレゼントの話しになり。。。
あれこれと話しているうちに。
プレゼントはほぼ決まりました。
23日のクリスマスイヴ、イヴに何とか都合をつけて渡すことができそうです。

和気藹々と話していた年下君。
いきなり、こう言いました。

「紗英さんの中にいる人は、僕は越えることはできないのでしょうか」

紗英はこんな言葉が飛び出すことは予想だにしていなかったので、
言葉に詰まってしまいました。

紗英は亡くなった彼の話は年下君にしたことがありません。
年下君は一体何をどう思ったのか。
一瞬、頭の中は混乱し・・・・どう話していいものかわかりませんでした。

「紗英さんの中には・・・僕なんて問題にもならないような人がいるでしょう」

そう言葉を続けた。

「僕はそう思っています。でも、もし越えられるのなら・・・越えたい。それとも僕なんて眼中にないと言うのなら、諦めます。好きな人、いるのですよね」

穏やかだけど、でも今まで感じたことがない思いを感じた。

本当は会って話した方がいいかなと思ったけど・・・。
そんな感じでもなかったので。。。静かに話した。

「紗英にはね。結婚を約束した人がいたんだ」
「そうですか。その人とはどうなったのですか」
「もう生きてはいないの。天国にいるのよ」

年下君、言葉に詰まってしまいました。
そりゃあそうですよね。そういう話だとは思ってなかったでしょうから。

「どうしたの?まずいこと聞いちゃった・・・って思ってる?」
「ごめんなさい。そんな話だとは思っていなかったから・・・」
「だよね。普通、そんな話じゃないよね。でも、気にしないでね。もう遠い昔の話だから」
「そうですか。だから、僕には越えられない何かがありそうな・・・そんな気がしたんだ」
「越えられない?そんな感じ、紗英から見受けられたの?」
「はじめはわからなかったけど・・・でも、何かどこかに寄せ付けない何かがありそうな・・」
「そうなんだ。そんな風に感じてたんだ」
「わかりました。それならそれで僕の方向は変わりますから・・・」
「そう?どう変わるの?」
「それはこれから考えますから。でも、僕は紗英さんのこと好きですから」
「あはは。。。それはいつも聞いてるわ」

そんな会話をかわし・・・おやすみ♪を言いました。
年下君、たいして何も考えていないようで、考えていたみたいです。
とても素直でいい人です。

さて、これからどうなるのでしょうか?

明日はクリスマスプレゼントをゲットしに行ってきますね~♪


DoCoMoのサービス

未分類
12 /20 2007
紗英はDoCoMoの携帯を使用しています。
携帯を持ち始めてからずっとDoCoMoさんにお世話になってます。
もうかれこれ8年になるかな~!

この度、ブロガーに対して案内がきまして。
DoCoMo 2in1ライフスタイルキャンペーンに参加してみました。

「2in1」 サービスってご存じでしたか。
とても便利な機能なのです。

なんと1台のケータイにもうひとつの電話番号とメールアドレスをプラスできちゃうのです!
プライベート用と仕事用に分けたり、はたまたショッピングの際の会員登録用等に便利です。



紗英の場合、仕事用の携帯はないので、職場からもプライベート携帯に連絡が!
これがお休みの日や、退社後にかかってきます。
それも・・・翌日ですむような用件だったりします。

デート中だったり♪ (最近はありませんが・・・)
エッチ中だったり♪ (これもちょっとごぶさた・・・)
ひとりエッチ中だったり♪ (うふっ・・・これは有りかも~!)

こんな時、ちょっと・・・!と思っちゃったりしますよね。

この「2in1」色々なパターンで便利な機能だと思います。
紗英は現在、思案中なんです。

Aモード、Bモード、デュアルモードと三パターンに設定可能で、
留守番電話機能もあるので、Aモードは、プライベート用、Bモードは仕事用と設定しようと思います。

仕事関係でメルアドやテレ番を教えなくちゃならない人にはBモード用で教えちゃいます。
デート中♪やエッチ中♪はAモードに設定しておけば、受信音も鳴らないですし。
気にすることがなくなります。
留守番機能もあるので、大丈夫!


詳しくはこちらを見てね。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/func_tool/2in1/index.html


皆さん、ご多忙中の所、見てくれてありがとう♪


クリスマスプレゼント

未分類
12 /16 2007
忙しい日々が続いていて、ブログの更新もままならず!

そんな中、年下君は・・・豆にメールくれたり電話くれたり。
こんな豆な人がいるのかな。。。と思うくらい。
肩こりや頭痛の心配をしてくれたり。
どちらが年上かわからない感じで、心配してくれていました。
どちらも仕事が忙しくて、時間が合わなかったけど、それでも
夜のひととき・・・携帯が鳴った。
お風呂上がりでくつろいでいた時だった。
はいは~い♪と軽い乗りで、仕事のこと、友達のこと、体調のこと等。
気が付けば1時間も話し続けていた。
そんな会話の中で、クリスマスの話になった。
お互い、クリスマスは無理っぽいよね・・・という話をしていました。
しか~し。。。年下君、クリスマスプレゼントは用意しましたから!
と・・・驚きの発言!!

それでもって。。。本日、ちょっと早いクリスマスプレゼントをいただきました。
はい!!とニコニコしながら手渡してくれた年下君。
早く開けてくださいね!
「腕時計」でした。
とても見やすいちょっと大きめの時計です♪
しゃれていて、素敵です。
「ありがとう」と言ってさっそく腕に~♪

年下君、満足そうにニコニコしていました。
そしたら。。。何と!!年下君、実は僕も持ってるのです!
・・・・・・やられました。何とペアウォッチではないですか。
えーーーペアなの?
別に同じ職場ではないのですから~いいでしょう~と年下君!
そ・そんな問題ではないかと。。。。と紗英。
でもまぁ~そんなに嬉しそうにしてるのに、何も言えず。
ま、いいか!みたいになってしまいました。
これで二人で出かけたら、恋人同士に思われてしまいます!

さて。。。紗英は何をプレゼントすればいいのでしょうか?

男性にプレゼントするのは難しいな~!


干支の置物

未分類
12 /08 2007
二、三年前にデパートで可愛い干支の置物を見つけた。
思わず買ってしまってから、十二支集めることになってしまった。
今年はイノシシでまたまた可愛らしいのをゲットできた。
来年はネズミだね。
いいのあるかな~♪

なんて考えていたら、知り合いが干支の置物でいいのが
あるから買わないかとのこと。
見ると何と博多の何とかという先生の作品!!
たか~い!何万円なり。
一番安いのでも、1万円なり。
そんなぁ!!いくら有名な先生のとはいえ。
こんな置物に何万円も出すつもりなど毛頭ない!
ほら、ネズミがいい表情してるでしょ~♪
と知り合いは言うけれど、あまりいいとは思えないし。
かえって、紗英が集めているリーズナブルな価格の物の方が可愛らしい。
それでもって丁重にお断りしました。

価値観の違いと言われればそれまでですが!

やっぱり・・・ね。
自分の気に入って、しかもお値段も重要!!

可愛いの見つけることできるといいな~。


輝く目

未分類
12 /05 2007
美容室に行って来ました。
担当してくれている美容師さんは今月お誕生日で30歳になるのだと。
ロン毛を少し切ってサッパリしていたけど、30歳には見えないな。
イケメン君で、背が高い彼はきっともてるだろうな。

そんな彼が宝くじの話をはじめた。
宝くじ買ってますか~?
時々買ってるけど、なかなか当たらないね。と紗英。
そうですよねぇ~自分もずっと買ってますけど・・・なかなか。
当たったらどうするの~?と紗英。
当たったらですか~独立資金にしますよ。
紗英さんはどうしますか~?と美容師さん。
う~ん。。。旅行かな。としか答えられなかったです。

話を聞くと独立の為に、コツコツと貯めているそうです。
独立したら、来て下さいね。
とニコニコと話す彼。

彼の目はキラキラしていて希望に燃えていた。
いい目してるな・・・って思った。
希望や夢がある人の目はこんなに輝いているのね。
うらやましいなと思った。

今の自分に希望は夢はあるのかな。

どうやって生きていけばいいのかな。

そんなことを考えた日でした。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。