スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返ってみるけれど・・・

未分類
05 /22 2007
遙か遠い記憶の中に、N氏という人がいた。
紗英とは20才近く年が離れていて、離婚歴があり、紗英とそう年が
違わない娘さんがひとりいた。
彼とは仕事関係で時々顔を合わす程度の人だったけど。
一緒に仕事をする機会があり、急接近した人だった。
食事を兼ねた打ち合わせや。お酒を飲みながらのこともあった。
次第に互いに惹かれあうものを感じ、自然な形で結ばれることとなった。

彼はとても優しかった。
だけど、エッチでは・・・・。
彼はとてもエッチが好きな人で、何度も何度も求めてきた。
そして、困ったことに彼はあちこちに跡をつけたがり。。。
そして噛む。。。内出血しやすい紗英は紫色に!!
最初はダメ。。。と言ってたら止めてはいたけど。。。
興奮するとどうにもわからなくなるらしく、噛む。
噛む癖のある人は結構いるものだと思った。
パワフルな彼に責め続けられて~何度もいかされた。
片時も離れないで欲しい。ずっとそばにいて欲しい。
毎日のように会うようになり、毎日のようにエッチする。
快感は果てしなく続き、夜通しエッチすることもあった。
彼は紗英の中で~締めて。。。と言って果てる。
しかし、またすぐ大きくなり躍動しはじめる。

食べてしまいたい。。。いつもそう耳元でささやいた。
くすくす笑う紗英を見て、N氏はホントに食べちゃうぞぉ。
と言ってあちこちにキスマークや噛み跡をつけたりした。
紗英も彼のことは大好きで、年が離れているせいもあって、
とても頼りにしていた。
だけど・・・紗英のことをとても束縛した。
友達と飲みに行くことも~食事に行くことも嫌がった。
男性の友達から電話などあろうものなら、すぐご機嫌斜めになり
なだめるのに、ひと苦労した。
友達と一泊旅行する。。。なんて言うのはもっての他!
そのことが紗英の中では段々大きくなっていった。
束縛されるのは嫌!!
そう言ってたびたび言い争うこともあった。
だけど。。。ベッドの中では仲直りして~愛欲に溺れる。
そんなことを繰り返していたある日。

N氏から、結婚して欲しいと言われた。
紗英は束縛のことがあり・・・。
結婚するってことは束縛されること。
そんなことは当たり前の事なのだけど・・・。
彼の嫉妬心は、ちょっとのことではない。
愛されてるから?? 紗英はそうは思えなかった。
よく考えた末、紗英はいくらも年の差がない娘さんの母親になることはできない。と言ってお断りした。
彼は母親になるなんてこと考えないで欲しい。
じっくり時間をかければ、娘だってわかってくれる。

そう言ったけれど、紗英はどうしても自信がなかった。
母親になることもそうだけど。。。束縛されること。

きっとまだ若かったからかな。
彼と結婚していたらどんな人生だったのだろう!

振り返って思い出すことはあるけれど、後悔はしていない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日は、。皆さんどんな記事書いているか寄って見ました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そーですね、その男と結婚していたら・・・。
その答えは分からないですよね。
でも、予想では、やっぱり厳しい生活
だったかも。年の近い娘さんって、
やっぱり馴染むのには大変だったかも
しれないですね。結婚って、本人同士が
良ければ、それでいいってもんでもない
ですもんね~。難しい問題ですね~!

太陽の息子さん、はじめまして♪
いつでも遊びにいらして下さいね~!

ハルさん、こんばんは!
そうですね。。。
色々ありますよね。
今思えば束縛も~当たり前のことだったのかも。
でも、娘さんとは上手くやっていけたかな。
と考えてしまいます。
自分の出した結論ですから~後悔はしていません。

私も紗英さんの立場でしたら、きっと同じように考えたと思います。
どれだけ相手を想っていても、自分の人生は自分のものだものって思ってしまいますね。

「きっとまだ若かったから…」
とゆうことは、今ならば違う結論を出したかもしれない、とゆうことなのでしょうか。

紗英さん、こんばんは~☆

束縛、まるもダメです。
でもね、無関心すぎてもダメです。
単なるわがままかも?!
これからも、後悔しない人生を♪
お互いにね。

束縛って、むずかしいですね。。
いろんな捉え方があるけど、やっぱり
自分を信じてくれてない、とか
人として尊重されてない、とか感じてしまうかも。。
愛情ゆえの束縛・・わからなくないけど、度が過ぎるのは・・。
なんて考えてたら、なんか自分のことちょっと考えちゃいました;。
私のも、それに近いものがあるのかな、、
束縛してるつもりはないんだけど、独占欲という点で、、、。

束縛っていうのはイヤですねぇ。
やきもちと束縛の境界線って
微妙なような気がしますが、
私は適度なやきもちは妬いて欲しいと
思うんです。
それにしてもN氏は本当にすごそうです・・・
何より、紗英さんがその時の冷静な選択が
できたことがすばらしいです!

初めましてアルです。
コメントありがとうございました^^
確かに年の違わない娘さんがいたら・・・
どう接していいのか難しいですね。
いろいろな事を真剣に考えて出した結果ですからね
いい思い出となっていると思います。
また、遊びに来ます^^

mimozaさん、こんばんは!
そうですね。
今だったら、違う結論もあったのかも知れません。
束縛は嫌だけど、でも・・・・
想ってくれてると思ったら、幸せな結婚生活も可能だったのかも知れませんね。
でも紗英はそういう結論を出しませんでしたから。
きっと幸せに暮らしていることを願っています。

まるさん、こんばんは~!
束縛と無関心。。。
背中合わせですよね。
なかなか丁度良いくらいっていうのは難しいかもね。
これからまだまだ色々あると思うけど・・・
お互い、頑張って生きましょうね~☆

tomoさん、ようこそ♪
束縛と独占欲。
似ているのかも知れませんね。
好きだったら、独占したい気持ちが出てくるでしょうし・・・・。
結果、ああして欲しくない、こうして欲しい。
そんなことが出てくるのかも知れません。
でも、自分で選んだ道ですから、やはり後悔しない道を進みたいですね。

ナツさん、ようこそ♪
束縛とやきもち。。。
これも微妙ですよね。
ほどほどにって言うのがなかなか難しいですよね。
愛していれば目をつぶることもできるのでしょうが!
でも、やっぱり紗英はできませんでした。
やっぱり少しの可愛いやきもち、良いですよね♪

アルさん、ようこそいらっしゃいませ♪
今となっては・・・・
あの時結婚していたら、という人生は想像でしかありません。
愛があれば。。。可能だったのでしょうか。
うーーん。難しいですね。
でも、自分で選んだ結論ですから、彼が幸せな生活を送っていることを願っています。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。