お葬式

未分類
11 /03 2007
先日、お葬式に参列いたしました。

若い方の葬儀だったので、痛ましいものがありました。
それは紗英の遠い昔のことを思い出してしまいました。

小さなお子さまとまだ若い奥様の姿。
紗英は見ることはできませんでした。
お子さんはまだ何も知らず、ニコニコしていました。
まだ把握できる年令ではないけれど、ある程度の年令に達した時に
父親がいないということに対して、どんな思いを抱くのでしょうね。
奥様はこれから子供さんを抱えて、大変でしょうね。
誰もこんなこと予測はできない。
悲しみの底というものが見えないところまで、突き落とされていく。
それはかつて紗英も味わった感覚。
いたたまれない。
どうしてこんなことが起きるのだろう!
寿命だったなんて・・・慰めにも何にもならない。
きっと天国で幸せに暮らしている?
そんな慰めも耳には入らない。
それほど悲しみは深く、どこまでも落ちていく。

どうか、奥様の心が壊れませんように。
亡くなった方と奥様にそう願って帰ってきました。

寒くなる前にお墓参りにも行って来ました。
何回来たのだろう?
あれから時間だけがどんどん流れてしまって。

ずっと一緒に祝うはずの誕生日もたった一回しか一緒に祝えなかった。

その誕生日もまた過ぎた。

こうして紗英は時間を費やしていくのでしょうね。


暗い話になってしまいました。
来てくれてる方、ごめんなさいね!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昔は 人のお葬式に出席しても
どこか冷ややかな視線で 眺めている事が出来ましたが
身近な者が亡くなると ヒシヒシと悲しみが沸いてくるモノです

明日も又 変わらず生きて行きましょうね・・・・紗英さん

紗英さん、こんばんは☆

人の死というのは、寂しくツライですね。
若い方となれば、なおさらです。
人の命はなんて、明日は分からない・・・。
だからこそ、悔いのないように過ごさないとバチがあたるかも・・・。
紗英さんが、これからも元気で楽しい時間を過ごせますように・・・。

思いは・・・

紗英さん、こんばんは。
なぜか、コメントの投稿画面で固まっていました。
残す人、残された人の『思い』はどんなんだろうって・・・
言葉で簡単に語れるようなものではないだけに、うまく伝えることができません。
悲しみを忘れられる時間が、少しづつでも増えていくことを願っています。
紗英さんが、心の底から笑える時間があるといいですね。

人の死・・・本当に辛い・・・
想像するだけで心が苦しくなります
その方は若い妻と子供を残したまま逝ってしまったのですね
本当に心が痛みます・・・
妻を残して・・・まだ、絶対に逝けないですね
誰にでも自分を必要に思ってくれる人はいます
そんな方達を悲しませないように・・・
自分自身を守るように注意していかなければと思いますね・・・

ヒルトンオヤジさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
悲しい辛いことですよね。
天国で幸せになるって言うけど・・・。
そんなのは~慰めにもならない言葉ですね。
ヒルトンオヤジさんも頑張りましょうね♪

まるさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
生きている者が一生懸命悔いのないようにしなくてはダメですね。
わかっているけど、後回しにしちゃったりしてます。
亡くなった方の為に~元気に生きなくちゃだめですよね。

げんえいさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
突然、亡くなったりすると現実から逃避したい気持ちになります。
残された人はかなり辛いです。
でも、その辛さも時間が少しずつ消してくれます。
忘れるわけではないけれど、時間は薬になってくれるみたいです。
紗英は大丈夫ですよ。

アルさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
死は突然やってきて幸せを奪います。
どうしてこんなことに。。。。
そう思っても帰ってくるはずもありません。
そこから現実を受け止めて生きていかなければならない人の苦悩がはじまるのです。
悔いのない毎日送りたいですね。
アルさん、ファイトです!

身近な人の死って、やっぱり
耐え難いものがありますよね。
人はいつかは死ぬものだけど、
今、このタイミングで・・・って、
思うと、いたたまれなかったりしてね。
紗英さんも辛い思いを抱いて
生きていると思うんですけど、
きっと、忘れる事の出来ない
ものですよね。

ハルさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
忘れることはおそらく一生ないでしょうね。
でも、悲しみは時間と共に薄らいでくるものです。
そうでなければ、生きていけませんから。
紗英は大丈夫ですよ。
時間がゆっくりと癒してくれましたから。
でも、お葬式に行ったりするとダメですね。
あの時のあの思いがよみがえりますね。
毎日を悔いなく生きていくこと。
それしかないですね。



saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!