千の風になって

未分類
12 /21 2007

♪ 私のお墓の前で 泣かないでください. ♪


もう泣くこともなくなりました。
風になって、いつも紗英の周りにいると思ってるからです。


年下君とクリスマスプレゼントの話しになり。。。
あれこれと話しているうちに。
プレゼントはほぼ決まりました。
23日のクリスマスイヴ、イヴに何とか都合をつけて渡すことができそうです。

和気藹々と話していた年下君。
いきなり、こう言いました。

「紗英さんの中にいる人は、僕は越えることはできないのでしょうか」

紗英はこんな言葉が飛び出すことは予想だにしていなかったので、
言葉に詰まってしまいました。

紗英は亡くなった彼の話は年下君にしたことがありません。
年下君は一体何をどう思ったのか。
一瞬、頭の中は混乱し・・・・どう話していいものかわかりませんでした。

「紗英さんの中には・・・僕なんて問題にもならないような人がいるでしょう」

そう言葉を続けた。

「僕はそう思っています。でも、もし越えられるのなら・・・越えたい。それとも僕なんて眼中にないと言うのなら、諦めます。好きな人、いるのですよね」

穏やかだけど、でも今まで感じたことがない思いを感じた。

本当は会って話した方がいいかなと思ったけど・・・。
そんな感じでもなかったので。。。静かに話した。

「紗英にはね。結婚を約束した人がいたんだ」
「そうですか。その人とはどうなったのですか」
「もう生きてはいないの。天国にいるのよ」

年下君、言葉に詰まってしまいました。
そりゃあそうですよね。そういう話だとは思ってなかったでしょうから。

「どうしたの?まずいこと聞いちゃった・・・って思ってる?」
「ごめんなさい。そんな話だとは思っていなかったから・・・」
「だよね。普通、そんな話じゃないよね。でも、気にしないでね。もう遠い昔の話だから」
「そうですか。だから、僕には越えられない何かがありそうな・・・そんな気がしたんだ」
「越えられない?そんな感じ、紗英から見受けられたの?」
「はじめはわからなかったけど・・・でも、何かどこかに寄せ付けない何かがありそうな・・」
「そうなんだ。そんな風に感じてたんだ」
「わかりました。それならそれで僕の方向は変わりますから・・・」
「そう?どう変わるの?」
「それはこれから考えますから。でも、僕は紗英さんのこと好きですから」
「あはは。。。それはいつも聞いてるわ」

そんな会話をかわし・・・おやすみ♪を言いました。
年下君、たいして何も考えていないようで、考えていたみたいです。
とても素直でいい人です。

さて、これからどうなるのでしょうか?

明日はクリスマスプレゼントをゲットしに行ってきますね~♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そろそろ?お墓の彼から、
出発した方が、いいのでは?

年下君のため?とかで、
なくていいから??

勝手に、リンクさせてもらって!?
ごめんなさい。

( 。-_-。)ゞうぅ~ん?
直球で来ましたね。

>「あはは。。。それはいつも聞いてるわ」
この辺が、大人な紗絵さんかしら?

>たいして何も考えていないようで、考えていたみたいです。
もう、クリスマスのプレゼントからしっかりフォーカスしてますよ~!

どうする、どうなる?紗絵さん?

ドラマのような会話ですね。
年下君は、本当に紗英さんが好きなんですね。
そこまで感じ取っていたのですから。
どんなプレゼントをゲットしにいくのかな~~?

むむ~。本当にイイ人ですね年下君。
紗英様の事を、ずっと見てて・・・
そこまで感じ取るなんて・・・
しかも、とても優しく見守ってくれて・・・
でも紗英様の話を聞いて、どう動くのでしょうか・・・
今後がすごく気になってしまいますね^^;

こうなると、選ばなければならない時が来たって感じですね・・・
自分が年下君なら、猛アタックですが!
引き下がれませんよね^^

どうする、どうなる?紗英さん?
(ガウス@さん盗用)

♪千の風になって♪いい歌ですね。
前を向いて歩いていける歌ですね。紗英さんの
前途が穏やかであることを願っています。

勝手にリンク貼らせてもらいました。
よろしくお願いします。ぺこり。

にぎにぎさん

こんばんは!
お元気でしたか?
わかっているのですよ。もういない人なのですから~。
頭の中ではわかっています。
いつまでもこうしていてもダメだってことも。

リンクありがとうございます。
紗英も貼らせていただきますね♪

ガウスさん

こんばんは!
年下君の想いは感じていましたから~♪
色々考えてはいますけど・・・。
どうする?紗英!って感じですよね。
このまま曖昧にするのはいけないことなので、考えます。
年下君はいい人です。
何も五歳も年上の紗英てなくても。。。と思ってますけどね。

ぷりめんさん

こんばんは!
年下君は優しくてとても素直ないい人ですよ。
何でも素直に紗英に言います。
五歳もお姉さんだから、話しやすいのだと思います。
プレゼントゲットしてきましたよ~♪
明日、渡しますね。
何だと思います?明日また記事にしますね。

アルさん

こんばんは!
年下君、どう思ったのでしょうか。
ちゃんと会って話した方がいいのかなと思ったけど・・・。
でも、かえって電話の方が良かったかなとも思います。
年下君は優しいし、素直な人です。
紗英のことをとても慕ってくれます。
紗英も弟のように、年下君になら何でも話せます。

げんえいさん

こんばんは!
年下君の気持ちは知っていたし・・・。
このままではダメかなとも思っていた矢先でしたから。
とりあえずクリスマスプレゼントはゲットしてきました。
明日、渡す予定です。
どうなるのでしょうか。
年下君、紗英の話をどう思ったのか、どう感じたのか。

skyさん

こんばんは!
ありがとうこざいます。
さてどうなるのかな。。。って自分でも思っています。
真っ直ぐな年下君はまぶしいくらいです。

リンクの件、ありがとうございます。
貼らせていただきます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そーいう展開になりましたかぁ。
でも、そろそろって感じかな?
来年は干支の最初「子」です。

新たな出発もいいかもです。
彼もたぶん、それを望んでるんじゃないかな?

「風になって、いつもまわりにいてくれるなら・・」

あーるBさん

こんにちは!
彼は風になって。。。そばにいてくれると信じています。
だけど、もう話すことも触れることもできない人です。
そんなのわかっているのに・・・。
これまで幾人の人と比べてしまっている自分がいます。
このままではいけない。
そう思ってはいます。
もう泣くことはなくなりました。
これから先、どう進んでいくのか紗英自身にもわからないことです。
もうすぐ新年ですね。
一年の早さを感じてしまいます。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!