そして・・・

未分類
12 /27 2007
年下君と紗英はお鍋とケーキでお腹一杯になりました。
年下君は仕事だった為に、スタートが遅かったのでもういい時間です。
紗英は後かたづけをすませて、帰り支度をしていました。

年下君は・・・こう言いました。
「少し話があります。少しの時間いいですか」
「いいよ~どうしたの?」
「あれから考えました。ものすごく考えました」
「それで・・・どう結論が出たの?」
「僕はやっぱり紗英さんが好きです。これはどうしても変えられない。
だけど・・・紗英さんの心の中には亡くなった彼がいる。これも変えられない事実。
だから・・・僕は亡くなった彼さんの代わりでもいいです。なることはできないでしょうか」

そこまで年下君は一気に話し、紗英がどう答えるのか。。。ドキドキしながら待っている。
不安げな顔が年下君らしくないと思った。

「紗英の話、聞いてくれる?」

「はい、何でも話して下さい」

「結婚するちょうど四ヶ月前、彼はいきなり亡くなったの。
その日は、ささいなことでけんかしてしまい、二、三日連絡もとらないままだった。
その日、けたたなしくなった電話。それが彼の事故の電話だった。彼は飛び出してきた
自転車をよけて、事故になり、即死状態で亡くなったの。紗英はけんかしたことを謝る
ことすらできなかった。それから紗英はね。眠ることも食べることもできなくなって。
そんな日々を過ごしていたんだ」

もうこんな話をしても涙は出なくなった。
以前は思い出しただけで、涙が止まらなかった。
どんな慰めの言葉も・・・紗英の耳には届かなかった。
だけど今は違う。
そう・・・月日が、時間が、紗英を大人にし、そして現実を把握できるようになった。
どんなことをしても戻ってはこない人。
そう・・・話すことも、触れることも、キスすることも抱かれることもない。

紗英は淡々と話した。

年下君の目に涙が浮かんでいた。

愛しいと思った。

泣いてくれる人がいるんだ。

それからまた続けを話した。

「それからね。決して人には褒められることのない恋をしてきたの。きっと軽蔑するかも
知れない。。。そんな恋ばかり。でも、それではいけないと思ってね。終わりにしたのよ。
それが今の紗英なの。どう?びっくりしたでしょう。」

年下君の目は真っ赤になって、どんな言葉を選んだらいいのか探しているようだった。

そしてこう言った。

「僕はそれでも紗英さんのこと好きです。大好きなんです。
過去の恋のことなんて、驚くことはないです。僕だって色々ありましたから。
それでも・・・それでもやっぱり好きです。紗英さんが僕のことを弟のように思ってる
こともわかっています」

「ごめんね。失礼だよね。列記とした男性なのにね。年下君のファンだっていう女の子も
いること知ってるし・・・」

「僕は紗英さんが彼さんを少しでも忘れられる時間を作りたいと思います。
どうか、僕にチャンスを下さい」

そう言った。

うれしいと思った。素直に嬉しくて、抱きしめたいと思った。

「ありがとう。こんなに思ってくれるなんて・・・。うれしい」

「僕もうれしいです。話してくれて・・・今日は実りのある一日でした」

年下君、マフラーずっとしてて・・・。

もう涙目ではなくなってました。

それから紗英は車に乗り込み、年下君の家を後にしました。

かなり遅くなってしまいました。

ずっと手を振って見送ってくれました。

心は暖かくなり、年下君の想いをうれしく思いました。

帰ってからもしばらく寝付くことができませんでした。

着いた頃にメールがきていました。

「僕はやっぱり紗英さんが好きです」

らしいね。。。年下君!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うわぁ。自分の学生の頃を(かな~り昔)のせつない
感じを思い出しました。
純愛っていうのか、ドラマみたいって言うのか、表現力が
ないのでうまく言えませんが、素敵です。
2人でこれからじっくり温めていってくださいね。

年下君。しっかりしてますね。ここまではっきりと好きだと言える年下君の想いは私にも伝わってきます。
素敵です。2人の距離がどんどん縮まってきてるみたいですね!
私は応援してますよ!きっと、紗英さんを過去の辛さ、痛み、寂しさから解放してくれてるのは年下君の存在ですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これからじーっくり考えて、答えを出さなきゃね。
年下君の納得できる答えをね。

あせる事はないと思うよ。

紗英さんも納得する形でね。

ちょ! 青春www

後悔しない選択・・・どう選択したってちょっとは後悔するだろうけどね
お互いが、納得いく形でね♪

なんかいいな・・・

年下君の気持ち・・・ものすごく伝わりますね・・・
すごくおっきな愛を持っていますね・・・
そしてものすごく愛されている
紗英様がどのような結論を出すのか・・・
ゆっくりじっくり考えてくださいね^^
考えに考え抜いた結論はきっと間違いじゃないと思いますよ^^
恋愛もブログも応援しています^^

skyさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
年下君はとても真っ直ぐに向かってきます。
これが若いってことなのかな。。。って思います。
なかなか言えないですよね。
面と向かって言えるなんてね。
びっくりしてる部分もありますよ~!

ぷりめんさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
紗英は五歳も年下の男性は頼りになんてならない。。。
なんて考えてましたから。
だけど、どこまでも真っ直ぐに向かってくる年下君を
見てると・・・認識を改めなければならないかなと思います。

あーるBさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
そうですね。
じっくり考えたいと思いますよ。
納得のいく形で、進んでいければいいかなって思います。
その反面、またあんな悲しい思いするってことないかな。
なんて~思っちゃったりして。。。
どうしようもないですね。

ガウスさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
青春ですか~♪
こんなシーンが訪れることは想像はしていませんでした。
誰と恋愛をしても、どこかでずっと考えてたりしてましたから。

げんえいさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
色々考えてます。
こんなに考えたのは久々かも知れません。
彼を亡くしてから、恋愛に関しては真剣に考えられませんでしたから。

アルさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
年下君は真っ直ぐに紗英に想いを伝えてきます。
こんなに正面からって言うのはやはり、若いからなのかな。
無邪気で可愛いですよ。
今日も豆にメールくれています。
このお正月にじっくり考えたいと思います。

年下くんとってもいい人ですね。紗英さんのこととっても思ってくれて…
紗英さんがゆっくり考えて出た答えを彼はちゃんと受け止めてくれそうですね!

うぉ~~~~

紗英さん、ノロケですよ!(笑)
いや、そんな「好き」を連発してくれる人なんてそうそういませんよ!
そんなこと紗英さんなら、わかっていますよね。
 
いや~ん、茶化さないとカラダがくねくねしちゃいそうな記事だったので、
すみません。
でも、とってもハッピーで嬉しいです!!

ナツさん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
年下君はとてもいい人で可愛い人ですよ。
なんだか五歳以上年下のような気がするくらいです。
このお休みに考えたいと思います。
・・・ってそんなに考えても同じような気がしてますけど。
ナツさんは来年もハルさんと仲良しでね~♪

Roseちゃん

こんばんは!
いつもありがとうございます。
年下君は、素直で、可愛い人です。
自分の思いを直球でぶつけてきます。
五歳も年下ってこんなに可愛いのかな~って思ったくらいです。
カラダのくねくね治りましたか~!
お気に入りさんとの今後が超楽しみな紗英でした~♪


ご無沙汰してます、こんばんは。

皆さんもコメントしていらっしゃるように、心の暖まるハプニングでしたね。
真剣に愛してくれる人がいることはとても幸せですね。
来年は紗英さんにとって良い意味での転機が訪れることを願っています。


よいお年を。

かほさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
今年も一年が過ぎようとしています。
紗英にとっては色々あった年でもあります。
色々考えさせられた年でもあります。
かほさんに幸せな気持ちが訪れることを願っていますね。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!