T君

未分類
10 /14 2006
紗英ねぇ~♪って鼻にかかった甘い声のT君。
彼は年下で、仕事をしながら絵を描いている。
弟のような存在かな。
彼もまた肉親の愛情に飢えた、寂しげな目をしている。
一度、彼は紗英の胸の中で泣いた。
たくさんの苦痛と苦悩が彼を襲っていた時だった。
紗英は母親が子供にするようなキスを一度だけした。
その時、T君がのばしてきた手を紗英はふりほどいた。

紗英ねぇの裸を描きたい。。。
彼は常々そう言っている。
しかし、紗英はだめーと断り続けている。
そんなことをしたら・・・・。

この前、一緒にご飯を食べようということになって、
珍しく居酒屋で飲みながら話したことがあった。
紗英ねぇの彼氏ってどんな人なの?
そう彼は聞いた。そんなの聞いてどうするの?
紗英ねぇの、もだえて喜ぶ顔が見たい。
めちゃくちゃに犯したいって気になる。
今だって、誰もいなかったら押し倒したいくらいだ。
そう紗英の耳元で言った。
酔ったのね。。。とごまかしたが、彼の目はちっとも酔った風ではなかった。
紗英は彼とはそういう関係にはなりたくないと思っている。
彼に魅力がないわけではない。
でも、そういうことになったら、きっと毎日のように紗英を求める。
独占したいと言いだし、嫉妬に狂うかも知れない。
紗英だって、若いT君におぼれてしまうのは怖い。
もう会わない方がいいのかも知れない。

その日もバイバーイ♪と手を振って別れた。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは!
紗英さんは母性愛いっぱいの女性なんでしょうねぇ。
懐かしい母のような愛情にも満ちあふれていて、
それでいて可愛らしいところも併せ持っているギャップのようなところに、たくさんの男性が魅かれるのかなぁ~って、勝手にイメージを膨らませてもらいました♪
紗英さんに魅了された男性の話は、まだまだこれからも聞けそうですねv-410

タカさん、いつもありがとう♪
あはっ!紗英が魅了してるって~。
そんなことはないよ。ごくごく普通の女性だよ~!
ただ、紗英の周りには色々な人がいてね。
様々に関わり合ってるものだから。。。
苦しいことは半分に、楽しいことは倍にできたら
いいなって思う。
人はひとりでは生きてはいけない。
誰かに助けられ、そして誰かを助けることができたら・・・。
そんな生き方がいいかなって。
なんだか固い話になっちゃったね。

久しぶりです。

あぁ~・・・男的にはつらい仕打ちをうけてますね~。俺だったらちょっとイヤ。

Tくんにちょっと同情。(´∀`*)


・・・でも、めんどうくさそうな人っぽいのでスルーは正解かもしれませんね。可哀想だけど。

裏パンさん、ようこそ~♪

そうね。。。だめだよね。
紗英も良くないかなって思ってる。
めんどうな人ではないのだけどね・・・。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!