おじの死

未分類
06 /25 2008
母の兄である、紗英のおじさんが先日亡くなりました。

癌です。
もうだいぶ苦しみました。

大腸癌が発見されたのが今から五年ほど前のことです。
手術をして、順調に回復していたと思われていたのですが・・・。
病魔は襲ってきました。
今度は骨盤に転移しました。
こうなるとほとんど手の施しようがないようです。
それからというものの。。。入退院を繰り返していました。

最後には脳に転移してしまいました。
紗英も何度かお見舞いに行きました。
段々とやせ細っていくのが目に見えてわかりました。

最初は紗英のことはわかっていたのですが・・・。
亡くなる数日前に行った時に手を握って話しかけたのですが・・・。
力弱く、にぎり返すだけで・・・声を発することはもうできませんでした。
それから数日後、おじは他界しました。
とても苦しんでいたので・・・見るに忍びないくらいでした。

人はいつか死にます。
それはどの人にも平等にやってくることです。

幼くして亡くなる子供さんもいれば、100才過ぎまで元気な方もいます。
紗英の亡くなった彼のように~若くして亡くなる方もいます。
それってどんな違いなのでしょうか。

バタバタと葬儀、骨納めと終わりました。

おばさんはこれから悲しみが押し寄せてくることでしょう。

平均寿命よりも若くして亡くなってしまいましたから。

いた人がいなくなる悲しみ。
それはみんな味わうことなのだろうけど・・・・。

やはり悲しい。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おじさまのご冥福を心より申し上げます。
病気ですと、看護される方はなおさらですが、看護する方も大変でしたでしょう。
心労察するところです。
死については、深く語れる程では、ありませんので、・・・・
葬儀等々、まだまだ忙しいかと思いますので、
おばさまを支えてあげてください。
改めて、お悔やみ申し上げます。

そうですか・・・。

看護の勉強をしてきて、色んな場面に直面しましたが
ご家族の悲しみを思うと胸がいっぱいになります。

紗英さまもお辛いでしょうが、おばさまのお力になってあげてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

http://kounenkisyufu.blog36.fc2.com/

普段は考えないですが、こういうことがあると
死を身近に感じますね~
母ががんを患い、その後、ガンに対するって言うか
死に対する恐怖を感じているようで・・・私も漠然と考えるように
なりました。
やっぱり、今日を大切に楽しく精一杯生きないとダメですね
そうでないと、早く亡くなった方にも失礼な気がします
応援ポチ☆

癌の完治情報

拝見させていただきました。
またお邪魔します。
癌についての情報を集めていますので、よろしければいらしてください。

そうですね・・・。つい昨日までいたのにもういなくなる
話す事も出来ない(TT)
とても辛く悲しいです・・・。
想像するだけで、とても辛いです・・・。
いつかは誰にでも大事な人を失う時はやってきますが
できるだけ、精一杯生きて行きたいですね。

幼くして亡くなる子供さんもいれば、100才過ぎまで元気な方もいます。
それってどんな違いなのでしょうか。
 ↑
ほんとに~その違いは…どうしてなんでしょうか(・_・?)。
誰にも分からない~コト。。。

yuzukiの大切な方も~
多分短い。。。

そして~yuzukiは…、
次の世界に行かれるのかな~なんて、
本気で思っているんです♪
それでも~ずっと今~あなたのそばにいたいです・・・。

ガウスさん

こんばんは。
死はいつの時も辛いものです。
うんと若い時に体験した大切な人を亡くした時は
生きていく自信をなくしたくらいでした。
おじも。。。苦しかった病から解放されて安らかに過ごしているでしょう。
おばも落ち着いたようです。
コメント、ありがとうございます。

みるくさん

こんばんは。
おじも今頃は天国でニコニコしているのでは。
いつかは紗英もいく世界ですけど・・・。
いつの場面も悲しいものです。
おばの悲しみも計り知れないものでしょう。
だけど生きていかなくてはなりません。
紗英は支えになれるかどうかわかりませんが・・・。
精いっぱい力になれたらなって思います。
コメント、ありがとうございます。

skyさん

こんばんは。
お母様、大丈夫ですか。
誰でも訪れることですが・・・。
それでも身近な人の死は悲しみのどん底に落とされた気持ちになります。
紗英は若い頃に体験した死は、人生を変えるものになりました。
おじも安らかに眠って欲しいです。
コメント、ありがとうございます。

闘病者さん

ご訪問ありがとうございます。

拝見させていただきました。
また行かせていただきます。

アルさん

こんばんは。
そうですね。想像することすら嫌なことですよね。
おじは癌でずいぶん苦しみました。
早く楽にしてあげたいとおばは言っていました。
生きている者が精いっぱい生きること。
それが亡くなった方への供養にもなのでしょうね。
コメント、ありがとうございます。

yuzuki さん

こんばんは。
大切な方、頑張っていただきたいです。
そしてちゃんと支えているyuzukiさん。
すごいな~って思います。
頑張って下さいね。
紗英も時々考えます。
考えても仕方がないことなのに・・・ね。
精いっぱい生きること、明るく生きること。
それが一番なのでしょうね。
コメント、ありがとうございます。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!