スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くと言っても・・・

未分類
03 /14 2009
以前亡くなった彼のことを書いて、オムニバス方式の本に載せていただいた出版社から、

四十枚くらいでテーマは自由ということで書いてみないかと連絡があった。

以前は「生と死」というテーマが決められていて、それで亡くなった彼のことを書いたのだった。

テーマは自由って結構難しい。。。。。

編集の方は、以前の紗英が書いた物のことを、よく褒めてくれる。

この人はどうなってしまうのだろう。この先はどうなるのだろうと・・・・。

引きずり込まれるように読み進むことができました。と言ってくれる。

・・・けど、そういう勉強をしたわけでもないし、講座等に参加した経験もない。

あの時はとにかく、あの時の辛かった自分。悲しかった自分。

彼の両親からの言葉。

どうして自分だけが・・・・という思い。

そんなことをただ思いのままに書いたに過ぎない。
 
だから、今度はテーマを設定しませんので、自由に書いてくださいと言われるととまどう。

作家でもない自分は何を書いたらいいのか。。。わからない。

締切は設けないから、書いてみたらどうかと編集者は言う。

わかりました。

と言ってしまったけれど、今特別書きたいことも思い当たらない。

最近、とても集中力がない。

こんなことじゃ無理だろうな・・・って思う。

そのうちポッと思いつくことあるかな。。。

うん、それまで待てばいいか~!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アイデンティティ

アイデンティティ ・・・「自分が自分であるために」でしょうか?
つらい思いを、経験して、
わたしは、こうなのよ!こう思うわ!という思いのたけを書いたパワーが、
編集さんの心を打ったのでしょうね。
素晴らしい経験になってると、思います。

>テーマを設定しませんので、自由に書いてくださいと・・・
逆に、これは、難題ですね。(^_^;)


不思議なもので、ブログも、読み手を意識し始めると、
微妙に難しい感じになります。(わたくし。。。
自分のブログなのに・・・好きな事書いたら?・・・と、
紗英さんに言われて、スッと肩の荷が下りた想いでしたよ。
でも、わたくしも、最近、集中力が全く無い。(いや、元々無いけど?)
同じく、ポッと出るかしらね。(^・^)
がんばってくださいw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

無期限という期限をいただいたので
気分が乗ったときに書かれては如何でしょうか?

ほら、ブログだってテーマがないところから書いてるわけでしょ
紗英さんならできます♪
タイトルさえ決まれば、その時点で何を書くのかもね

機会があったら読みたいな~

紗英さんはすごいですね~w(゚o゚*)w。

ホント~多才だわ(≧∇≦)b。

いい機会なので、
乗り気になった時に~
焦らずにじっくり取り組んでみてクダサイ♪

きっと~紗英さんのいい経験になっていくんだろうと思います('-'*)♪

出版社からお声がかかるとはすごいですね~
特別書きたいことが思い当たらないのにテーマ設定なしとは
難しいですね。
でも紗英さんなら大丈夫!と、なんとなくそう思います。
出版されたら読みたいな~

ガウスさん

こんばんは。
あの時は、自分の身に起こったこと、辛い気持ち・・・・
やるせない思い。そんなことを言葉にしただけでした。
まさか、それを読んでくれる人がいて、感動してくれる人がいるなんて
思ってもみませんでした。
だから、今度は自由にって言われても。。。
なかなか難しいものです。

ガウスさんのブログはいつも楽しいですし・・・。
よく考えて書いてるんだな~って思います。
ですから、肩の力を抜いて自分らしく書けば、
ガウスさんらしさが出るのだと思います。
集中力って年齢と共に薄れるのかしら?
でも、ガウスさんはまだお若いのだから・・・大丈夫♪

げんえいさん

こんばんは。
そうなんですよね。
期限がないのですけど・・・
なんか以前に書いた時と違って、思い浮かばない状態です。
彼が亡くなった時のことは強烈な思いとして書き綴ったので、
あの時のパワーはきっと今はないのだと思います。
新しく書くことができたら・・・・読んでいただくかな。
文才も何もないわたくしの文章なんて、おもしろくもないと思いますけど。

yuzukiさん

こんばんは。
多才だなんてことはまったくないです。
たまたま体験したことを書いただけですので。
亡くなった直後は、そんなことは思いもつかなかったのですが、
時間がたつにつれて、あの時の思いを残しておきたいと思いました。
今回はまたまったく別なお話ですので・・・
気が向いたら書いてみようかと思っています。
なかなか難しいですけどね。

ひろろろろさん

こんばんは。
何もすごくないのですよ~。
たまたまなんですよ。
あの時のことを綴った時のようにはいかないと思います。
何せ集中力がなくなってしまって・・・・・
あの頃のように書くことは難しいです。
でも、何か思いついたら、書いてみますね。
読む機会がありましたらよろしく~♪

紗英さん、こんばんは☆
みなさんおっしゃってますけど、
ほんと出版社の方から依頼されるなんてすごいですね~!

でもそういう文章を書き綴ることって、きっとすごいパワーがいりますよね。
亡くなった彼さんのことを書いたときは、
その思いのパワーが自然に溢れ出ていたんでしょうね・・。

私もあんなたかが・・のブログですが、
知らずに睡眠時間を削ってでも書いておきたかったりする時思うんだ、、
この書くってゆうパワー、すごいなって(笑;)

もし紗英さんの以前のものを読まれた方が、また読むとしたら
きっとその後の今の紗英さん・・続編?みたいなものを
読みたいんじゃないかな~ ・ ・ ナンテちょっと思いましたw。

紗英さんの中に今もいきづく亡くなった彼さんの存在や思いのかたち・・。
新たな大切な恋愛にも巡り会えてる紗英さんだけど、
さりげなく・・穏やかに落ち着いても消えることのない灯火みたいな
ものがあるのかな・・とか思ったり、、
あらためて紗英さん自身の心を見つめ直す機会にもなるような
気がします。。。(余計なお世話ですけど!)

ってゆうか、私が個人的に・・大切な人を失ったあとの
思いの行き着く先が興味あるのかもしれません(^^;)

ごめんなさいね!勝手なこといっぱい書いて~。
あんまり参考にしないで下さい・・・;;。

でも自分のために書く文章って一番いいんじゃないな~って☆
無理しないで、書きたいことが浮かんで気が向いたら・・!ですね(^^)



tomoちゃん

tこんばんは。
tomoちゃんのブログはほんと素直に書かれてるなっていつも思います。
その時々の思い、辛いこと、悲しいと思ったこと、疑問だと感じたこと。
いつもいつも自分の気持ちを偽りなく書いてあって、すごいなって思います。

彼を亡くしてしばらくは書こうなんて気持ちはなく、ただ茫然と過ごした毎日でした。
でも、これじゃだめかな。。。って思い始めたのはもうかなりの年数がたってからのこと。
それから当時の思いを形に残しておきたいっていう思いがわいて、
偶然見た、公募雑誌に思い切って出してみたってところです。
それで、吹っ切れた部分がありました。
あれから、彼のことを書くことはありませんでした。
今、そういう話をもらってとまどっています。
以前はテーマが決められていましたけど・・・
今回は自由ということで、かえって難しいかも。
何か書きたいことがわいてきたら、頑張りたいと思います。
自分の心を見つめ直す機会。。。
そうですね。しっかり見つめ直したいと思います。
ありがとうございます。

紗英さんへ
私のブログのことをそんなふうに言ってくれてホントにありがとう・・。
最近キモチがなんだか凹んでるから、涙がちょちょぎれるくらい
嬉しかったです。

昨日また余計なコメントをしてしまったかな~・・なんて、
日中思ったりしてました、、。
今読んで、以前のものを書いたときの背景が分かって、
やっぱり見当違いのコメだったです(^^;

紗英さんがどんなテーマでいつか書く意欲が掻き立てられるのか
楽しみです(^^)
読める機会があったらいいな~☆

tomoちゃん、ありがとう。
全然見当違いなんかではありませんよ。
以前書いた物を読むととても恥ずかしいですね。
思ったように書かれていないような・・・。

長い年月がたち、もうどうしようもないことだと
わかっていても、心のどこかに住み着いているのだと思います。
そんな自分に区切りをつけようと書いたエッセイだったのですけどね。
編集者の方にあんな風に言っていただいて、驚きました。
機会があったら、また書けたらいいなと思っております。
その時は読んでくださいね。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。