お彼岸

未分類
09 /27 2009
亡くなった彼のお墓参りに行って来ました。

お彼岸ですものね。

彼の好きだった缶ビールと色とりどりのお花。

いつもこんな感じでお墓に出向く私。

もう何回来たのかな。。。ううん・・・何十回だね。

お天気も良く、お彼岸ということもあって、結構人がいました。

彼のお墓にもお花が上がっていました。

きっとどなたかが来たのでしょうね。

景色の良いこの場所は、私の大好きな場所でもあるのに・・・・。

何度もこの場所で泣いた。

もう涙も枯れてしまったのではないかと思えるほど泣いたもんだ。

亡くなった時から私の人生は大きく変わり、しばらくは無機質な日々を送っていたものだ。

だけど、人はそうしてばかりはいられないものなのですね。

閉じられた心にノックしてくれた人もいたし、優しく抱きしめてくれた人もいた。

心の傷は痛々しく、ぐちゅぐちゅしていたのに。。。

いつのまにかそれは・・・乾いてスッとはがれたように彼の死を受け入れられた。

どんな時も一緒にいようねって言ってた彼。

それが・・・一瞬にして一緒にいられなくなった。

きっと彼を超える人には出会うことなどないと思う。

それは美しく、楽しい思い出の中でしか生きていないから。

嫌なことを言ったり、嫉妬したりすることもないのだから。

ずっとずっと彼は私の中では、優しいままなのだから。


彼の体のぬくもり・・・・もう忘れかけている。

忘れることなんてないと思っていたのに。

時間って残酷なものだ。

最近、涙もろい。。。久しぶりにお墓の前ではなく、家に帰って来てから涙が流れた。


彼は今頃どうしているのだろう。

天国で私のことを待っていてくれてるのだろうか。


なんか湿っぽい記事になっちゃいました。

ごめんなさい。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紗英さん こんばんは。
何年経っても思い出し、慈しみ偲んでくれる紗英さんがいて
亡くなった彼は本当に幸せだと思います。
そして、いつまでも天から
見守ってくれている特別な人がいる紗英さんも、きっと幸せだと
思います。。
幸せだなんて、こんなに悲しいことに対して
いうべきじゃないかもしれないけど、
紗英さんには、亡くなった彼が見守っていてくれてることを
ずっと心強く思って生きて欲しいな・・って思うから。

私も、お彼岸で父のお墓参りに行ってきました。
亡くなった人は、そこで時を止めて、
現実の私たちの生活の中には、思い出としか成りえませんね・・。
今ここに居たら、何て言われるだろう・・ なんて思ったりもします。
勝手な解釈だけど、幸せでいてね・・って言ってくれてると思います。
現実に生きている生活は、色んなことがあるし疲れちゃうこともあるし・・
でもそっとどこかでずっと亡くなった彼が紗英さんの幸せを見守ってる。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お彼岸だったねぇ~w
ウチはあまり接点の無い親族だったけど?(^_^;)

>忘れることなんてないと思っていたのに。
彼岸やお盆が無いと思い出さない感じになるんだよね。
それだけ、生きる事は大変で、凄い事だと・・・
自分が生かされ、強くなってると思えばいいと思います。
ある意味、辛い事は忘れる!って、人間の特権かもw
でも、時々、自分の歴史をほんの少し垣間見る
いい機会かなと思えば、OK!

読んでいて
とても切なくなりました…

私もtomoちゃんと同じで…
『幸せになってね』と
彼さんが言ってるように思います

肌で感じた事は
悲しいかな薄れていくものだとは思いますが
心で感じたものは
温かく紗英さんの中に
ずっと有り続けるでしょうから…
泣きたい時は
涙を流していいと思いますです


tomoちゃん

こんばんは。
彼はずっと私の中で生き続けています。
触ることも話すこともできませんけどね。
きっと見守ってくれていると思います。
悲しんでいても帰っては来ないですしね。
前を向いて、彼の分も一生懸命生きないとね。
そう心に決めているのですけどね。
時々、弱音はいっちゃってます。。。

お父様のお墓参りに行ってきたのですね。
きっと、みんなの幸せを願っていることと思います。

tomoちゃん、ありがとう。
頑張りますね。

ガウスさん

こんばんは。
そうですよね。
生きていくってほんと大変ですよね。
時間だけがどんどん過ぎていってます。
もっと強くなれればいいのですけどね。
なかなかね・・・・。
頑張って生きていかなくちゃね。
ガウスさん、ありがとう。

華さん

こんばんは。
きっと見守ってくれていて、天国で笑って見ているかも知れませんね。
彼は突然いなくなってしまい・・・・・
ずっと私だけが取り残されたような感じがしていました。
もう涙も出ないと思っていたのにね。
なぜかあの時のことを思い出して泣いてしまいました。
彼の分も頑張らなくちゃね。
華さん、ありがとう。

紗英さんにはいつも温かいコメをいただくのに
いぃ年齢してファザコンで、まだ父の死を乗り越えられない私は
どうも・・・何て言っていいのかわかりません。
ましてや愛する男性。。。
時に思い出して涙してしまうのがいけない事とは思いません。
ただ、亡くなった大切な人に心配かけないよう
生きていくしかないのかもしれないですね。
きっと一足先に逝ってしまった人は、見守ってくれてると信じて。
 私はまだ、くよくよしそうですが・・・(^^)

ちょんさん

こんばんは。
ちょんさんはお父様を亡くしたのですね。
寂しいですよね。
いくら年月がたっても寂しいです。
どうして・・・・私だけ残してって思いました。
そんなこと思っても仕方がありませんけど。
きっと天国で、ニコニコしながら見守ってくれているのでしょう。
頑張って生きなければなりませんね。
最近は彼を想って泣くことも少なくなりましたけど・・・。
この前はなんだかとても懐かしく思い、涙が出てきてしまいました。
ちょんさん、ありがとう。

saechandayo

弱虫で泣き虫な私。。。
でも・・・きっと天国で見守ってくれてると思うから。
頑張ります!